スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑

 
予選突破に望み繋ぐ勝利
5月14日(日) 2006 ヤマザキナビスコカップ
清水 1 - 0 千葉 (13:04/日本平/10,664人)
得点者:'69 マルキーニョス(清水)

執念でもぎ取ったといってもいい勝ち点3。
引き分けでも予選敗退が濃厚となる中で、好調千葉を下したのは
本当に大きい。
先日、チョ・ジェジンが韓国代表に選出されて帰国したため、
先発の2トップはマルキーニョスとルーキー矢島。
10番藤本も疲労蓄積でベンチスタート、代わりの中盤には久保山。
一方ジェフも前日FW巻がキリンカップで途中出場していたため、
ベンチ入りはしたもののスタメンは外れていた。
前半は両チームとも惜しい場面はあったが、0-0で折り返し。
後半、エスパルスが満を持して藤本を投入、マルキーニョスと久保山の2トップに。
そして69分、カウンターから右SB市川が絶妙なクロス、
ピンポイントでマルキーニョスが合わせて、ついにエスパルスが先制点を奪取!
マルキーニョスガッツポーズ

ジェフもここまで温存してきた巻を投入、同点に追いつこうとしましたが、
マンマーク役に斉藤を投入、浦和戦同様1点差をきっちり守り抜く戦いで
そのままタイムアップ、エスパルスがナビスコ杯初勝利。

試合に勝ったのも嬉しいのですが、後で聞いたこの記事にちと感激。

千葉巻に清水サポーター「お前がW杯へ」

マジで久保や玉田なんかより、リーグで結果を残している
彼や佐藤寿人を選ぶべきだと思いますよ。
そんなW杯メンバーの発表は14:00から・・・
スポンサーサイト
【2006/05/15 11:57】 | 清水エスパルス | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑

 
ジェジンおめでとう。
チョ ジェジン選手 ワールドカップ韓国代表選出について

正直、日本代表にウチからは誰も選ばれてないので、
ドイツW杯はあんま興味なかったんですよ。
でも、「エスパルスを代表して」戦ってきてくれるジェジンは応援します。
これで94年のアメリカ大会から4回連続で所属の選手が
W杯の舞台でプレーすることに。
94年:ロナウド(W杯での登録は「ロナウダン」)
98年:斉藤俊秀、伊東輝悦
02年:森岡隆三、戸田和幸、三都主アレサンドロ、市川大祐
06年:チョ・ジェジン

94年のロナウドとは、現レアル・マドリードのFWの彼ではなくて、
前年トヨタカップでACミランを破ったサンパウロFCのキャプテンを務めていたCBの選手。
187㎝の長身といかつい顔立ちから「ロボコップ」なんて異名も。
前年から加入のGK“スパイダーマン”シジマールや
DF加藤久らとともに堅守の一翼を担った選手でした。

次回の2010年、南アフリカ大会では
日本人の所属選手たちが出場してくれるのを願っています。
藤本、兵働、枝村、青山、浩太・・・。

エスパと関係ないですが、ちとリクがあったんで。
続きを読む
【2006/05/13 13:21】 | 清水エスパルス | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑

 
orz
いくら調子が悪くても、
それ以上に戦う気持ちをスタメン全員が出さなきゃ、
絶対に勝てません。
疲れてたのは相手も同じはずなんですから。
とりあえず明日に引きずらんようにこれからゆっくり休みます。

オフィシャルツアー、2:30には渋谷に着きました。早杉。
現在漫喫より書いてます。(やっぱ泊まってんじゃねえか)
ハーフタイムの新潟の鈴木監督の指示の中に
「強い気持ちで絶対に勝つぞ」
ってのがあるんですが、
ウチに欠けてるのは結局はここに行き着くんですよね。
そこを克服できない限り、もう1ランク上には行けないのではなかろうかと。
折角(あんまり言いたくないけど)ジュビロ黄金期を戦ってきた
山西といういいお手本がいるのですから、
彼にもっと学ぶべきじゃないでしょうか。
【2006/05/06 21:21】 | 清水エスパルス | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

 
ただいま新潟
P1070156a.jpg

ビッグスワン近くのネットカフェから書いています。
今日の試合を勝って中断機関を迎えるのか、
負けて中断してしまうのではホント違う。
藤本が復調気味なのは好材料。
必ずや勝利で飾ってくれると信じて、
力の限り声援を送るとします。
ちなみに上の写真は新潟市街地にある万代タワーから撮影した
ビッグスワンです。

今夜、携帯から更新できればする予定です。
【2006/05/06 14:43】 | 清水エスパルス | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

 
リーグ戦ホーム3連勝!
5月3日(水) 2006 J1リーグ戦 第11節
清水 1 - 0 C大阪 (15:04/日本平/18,241人)
得点者:'71 マルキーニョス(清水)

決して試合内容は良くなかったけど、
今季日本平最多の18,241人が後押しをしてくれた勝ち点3じゃないかなと思う。
この試合、先日のナビスコ杯新潟戦で足を捻挫してしまった青山と
直近の川崎戦で4枚目のイエローカードをもらってしまった高木和道が
揃って欠場。本来のレギュラーであるCB2人を欠き、
替わりに入るのはベテラン斉藤と、高卒2年目でリーグ初先発の平岡。
相手のセレッソ大阪には昨年2勝3分けながら、
リーグ戦2試合ではいずれも先制するものの追いつかれる展開で、
通算成績も負け越しているという嫌な相手。
FW西澤が落とすボールに飛び込んでくる森島、古橋、徳重といったシャドーストライカーを
如何に抑えるかというのが課題だった。
DF、GKにボランチの伊東も含めた守備陣が奮闘、攻撃を寸断することで
徐々に相手の焦りを呼び、前半こそ0-0で終わったものの、
後半15分にはセレッソのボランチ下村がこの日2枚目のイエローカードを貰って退場。
6504184956a.jpg

(そりゃほぼ満員、しかも子供の多く来場してる試合で看板にボールを蹴り当てるなんてしたら、心象悪いよ<下村)
1人多くなったエスパルスが攻め込む時間帯が多くなり、
後半26分、藤本からの右CKを斉藤が頭でつなぎ、
マルキーニョスがバイシクルシュート!遂に均衡を破る。
6504185310a.jpg

(欲しかった先取点がようやく入って楽になったでしょう<平岡)
その後のセレッソの攻めを最後までいなし続けたエスパルスが
結局1-0で勝利、ホーム3連勝を飾りました。

現在6勝4敗1分、暫定順位ながら6位。
(残りのガンバvsジュビロがどうなっても順位は変わらないけど)
何とか次のアルビレックス新潟戦も勝利で飾っていい形で中断期間に入りたいですね。
前にも書いたとおり自分も駆けつけます。
【2006/05/04 21:32】 | 清水エスパルス | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。