スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑

 
ロスタイム劇的弾&ありがとうノボリ
11月23日(水) 2005 J1リーグ戦 第32節
清水 1 - 0 神戸 (15:04/日本平/12,448人)
得点者:'89 マルキーニョス(清水)

勝って早く「残留」を決めたいエスパルス、
前節で「降格」が決まりチームとしてのモチベーションが消えたヴィッセル、
明らかに条件は有利だったはずなのだけど、
中二日というスケジュールのせいか、どちらも前半は低調な出来。

それでも後半、右サイドの久保山に代えてチェ・テウクを投入すると、
徐々にスピードを生かし、エスパルスが押す展開となる。
しかしながらいつものことだが決定力が本当にない。
そんな流れでじりじりと時間だけが過ぎ、迎えたロスタイム最後のワンプレー、
エスパルスが長身のFW西野を投入、一縷の望みをかけたFKのチャンスで
混戦から途中出場の澤登がシュート、DFに阻まれたものの
跳ね返りをマルキーニョスが落ち着いて決めて、遂に得点を奪う。


0000.jpg


健太をはじめ、スタッフも大喜び。

0001.jpg


見事な勝利で勝ち点を38に伸ばし、この日引き分けの柏に勝ち点差6。
確定ではないものの、ほぼこの勝利によって残留を手にしたといっていいでしょう。

そして夜、ショッキングな知らせが。
ミスターエスパルス、澤登正朗引退。
不動の背番号10として、思い出は数え切れませんが、
どれか一つといわれれば、どうしてもこれしかないような気がします。
99年Jリーグチャンピオンシップ第2戦、魂のフリーキック。
クリックすると動画が見れます。

西澤のミスで先制されて、直後にアレックスが三浦文丈の腹を蹴り一発退場。
第1戦を1-2で落としていただけに、絶体絶命のケース。
ここで彼は直接FKをゴールにねじ込み、起死回生の同点弾を叩き出す。
あの時生で見ていたのですが、本当に鳥肌の立つ一撃でした。

本当にお疲れ様でした&感動をありがとう。
スポンサーサイト
【2005/11/24 23:08】 | 清水エスパルス | トラックバック(1) | コメント(2) | page top↑
<<明日から名阪撮影会&来月撮影会スケジュール | ホーム | 昨夜のチャットビ>>
コメント
はじめまして
TBさせていただきました。
【2005/11/24 23:56】 URL | さたでぇいいんだぱーく #cXCyIqPg[ 編集] | page top↑
こちらこそはじめまして。
実はたけぞーさんとこでいつもお見かけしておりました。
どっちかっていうとウチのブログエスパルスよりも
ヘッダーの彼女がメインだったりするので、
正直恐縮だったりしますが。(汗)
【2005/11/25 00:07】 URL | でるぴー #JalddpaA[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://delp.blog15.fc2.com/tb.php/43-0dbaa17e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
澤登正朗MF背番号10
突然の引退発表。正直、引退するとは思っていなかった。本人の思惑とは違い、ここ数年のチームフォーメーションは決してノボリにフィットするものではなかった。彼の”技”は フィッシュ&チップス【2005/11/24 23:57】
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。