スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑

 
改めて、週末の2試合を振り返る
エスパルスは前週、リーグ最終戦1-3と完敗した
サンフレッチェ広島と天皇杯5回戦を戦い、
見事3-0でリベンジ、丸亀で12/24に行われる準々決勝に駒を進めました。

●第85回天皇杯5回戦
12月10日(土)13:01/広島ス/3,015人
広島 0-3 清水
得点者:10'久保山 由清(清水)、11'兵働 昭弘(清水)、57'マルキーニョス(清水)

韓国人2人(チョジェジン・チェテウク)が出場できず、
終盤中盤に定着していた枝村が足首を捻挫、
DFの斉藤も怪我で離脱と、ほぼ満身創痍。
辛うじて枝村が痛み止めを飲んでスタメン出場し、
右MFに左利きの兵働、左MFに久々のスタメンとなった高木純平。
そんな中、前半10分に純平のクロスを枝村がスルーして
最後は久保山が決めて先制、
1分後には兵働が技ありのループを決めてあっさり2-0。
締めは攻撃陣を引っ張るマルキーニョスが決めて3-0。
見事な完封劇で広島を下しました。

次の準々決勝は新潟を延長で下した磐田が相手。
2週間すればジェジンやテウクも戻ってくれると期待してますし、
負傷退場した市川(松葉杖姿だったということで多少心配ですが)も
何とか間に合うと思います。
磐田を圧倒して次のエコパでの準決勝、そして元旦の国立での決勝と
非常に期待が膨らみます。

ヴァンフォーレ甲府が昇格を決めた入れ替え戦についてはこちらで。

12月10日(土) 2005 J1・J2入れ替え戦 第2戦
2 - 6 甲府 (15:04/柏/12,013人)
得点者:'10 バレー(甲府)、'27 バレー(甲府)'52 レイナウド(柏)'53 バレー(甲府)、'68 バレー(甲府)、'69 バレー(甲府)'86 宇野沢祐次(柏)'87 バレー(甲府)

第1戦を2-1で下したものの、2戦目は柏のホームだし、
「やっぱ厳しいかなあ、勝ってもらいたいけど」なんて思ってましたが、
いやいやどうして、完全に圧倒しての勝利でした。
しかも本当に見ていてサッカ-が面白い
ひとたびボールを持てば次々に選手が上がってきて、
見た感じいくつもいくつもパスコースの選択がある。
まさに「疾きこと、風の如し」。そして「侵略すること、火の如し」。
こんなわくわくするサッカーなんて個人的にはオジー時代のエスパ以来ですよ。
大木監督、エスパルスでも一度こういう4-3-3に近い形でやろうとしましたよね。
確か解説の風間さんが「できれば素晴らしい、でも本当に大変」
と言ってたコメントを思い出しました。
バレー自身はマジで素晴らしいのですが、
やっぱこのスタイルをJ1相手でも崩さず、
見事に体現してみせた監督や
他の選手たちも素晴らしいですよ。
こういうのがJ1の舞台でも見られるとは、来期も楽しみです。

翻って柏レイソル。
あれだけ入団時に代表の肩書きを持った選手が
こういった戦いをしなくてはならないのか。
エスパルスにもいえることですが、
フロントと現場の方針が一致してないと
こういった惨劇はあっという間に我が身にも降りかかってくると思う。
再来年、また日立台で日本平でエスパルスと試合ができるのを祈っています。
でも左SBとして小林祐三は欲しいなあ(ぼそっ)
スポンサーサイト
【2005/12/12 11:09】 | 清水エスパルス | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ついに買っちまいました。 | ホーム | さぁ、広島にリベンジ!>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://delp.blog15.fc2.com/tb.php/55-56f7b644
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。