スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑

 
リーグ戦ホーム3連勝!
5月3日(水) 2006 J1リーグ戦 第11節
清水 1 - 0 C大阪 (15:04/日本平/18,241人)
得点者:'71 マルキーニョス(清水)

決して試合内容は良くなかったけど、
今季日本平最多の18,241人が後押しをしてくれた勝ち点3じゃないかなと思う。
この試合、先日のナビスコ杯新潟戦で足を捻挫してしまった青山と
直近の川崎戦で4枚目のイエローカードをもらってしまった高木和道が
揃って欠場。本来のレギュラーであるCB2人を欠き、
替わりに入るのはベテラン斉藤と、高卒2年目でリーグ初先発の平岡。
相手のセレッソ大阪には昨年2勝3分けながら、
リーグ戦2試合ではいずれも先制するものの追いつかれる展開で、
通算成績も負け越しているという嫌な相手。
FW西澤が落とすボールに飛び込んでくる森島、古橋、徳重といったシャドーストライカーを
如何に抑えるかというのが課題だった。
DF、GKにボランチの伊東も含めた守備陣が奮闘、攻撃を寸断することで
徐々に相手の焦りを呼び、前半こそ0-0で終わったものの、
後半15分にはセレッソのボランチ下村がこの日2枚目のイエローカードを貰って退場。
6504184956a.jpg

(そりゃほぼ満員、しかも子供の多く来場してる試合で看板にボールを蹴り当てるなんてしたら、心象悪いよ<下村)
1人多くなったエスパルスが攻め込む時間帯が多くなり、
後半26分、藤本からの右CKを斉藤が頭でつなぎ、
マルキーニョスがバイシクルシュート!遂に均衡を破る。
6504185310a.jpg

(欲しかった先取点がようやく入って楽になったでしょう<平岡)
その後のセレッソの攻めを最後までいなし続けたエスパルスが
結局1-0で勝利、ホーム3連勝を飾りました。

現在6勝4敗1分、暫定順位ながら6位。
(残りのガンバvsジュビロがどうなっても順位は変わらないけど)
何とか次のアルビレックス新潟戦も勝利で飾っていい形で中断期間に入りたいですね。
前にも書いたとおり自分も駆けつけます。
スポンサーサイト
【2006/05/04 21:32】 | 清水エスパルス | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ただいま新潟 | ホーム | 4/29 名古屋撮影会>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://delp.blog15.fc2.com/tb.php/87-38e7f87e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。